SALSAフォークの自主回収

Salsa Cycles(サルササイクルズ)は、2014年モデルのMukluk 2,Mukluk 3及びMukluk Tiに装着され
ているBearpawフォークの自主回収を発表致します。

Salsa Cyclesでは製造日によってはBearpawフォークでSalsa Cycles独自テストの内、衝撃テストは

通過したものの、疲労テストを通過していない物が低率ながらある可能性を 発見し、消費者の安全を
最優先課題とする為にわずかな危険性をも
抹消する為に自主回収を決定し ました。

日本で販売された物に関しても対象となる物が含まれる可能性があることが判明致しました。
Salsa Cyclesは上記の理由からBearpawフォークの自主回収を決定致しました。

自主回収対象となるフォークは2014年モデルのMukluk 2,Mukluk 3及びMukluk Tiに装着されている
フォークの内、ステアリングコラムに「20130524 CWI2201BAN2」「20130710 CWI2201BAN2」
「20130826 CWI2201BAN2」のいづれかの日付刻印の入った物になります。

2014 MUKLUK 2 2014 MUKLUK 3 BLACK 2014 MUKLUK 3 RED bearpaw_recall 2014 MUKLUK Ti

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中