HAROBIKES SHREDDER 12

各社色々出ている中でも特にHAROのキッズバイクはランバイクも含め人気です!

SHREDDER(シュレッダー)の名前は長くHAROのフリースタイルBMXを支えたBMXの名前が由来。

先日八ヶ岳にあるYBPで開催された THE PARTY 40 でも人気だったBOB HAROが立ち上げたブランドです!

更にこのカッコいいカラーリングでお子様にも人気の一台!

Haro_Shredder12_Green
 HARO_Z12_2016_pad_boys
※画像にはブレーキ、補助輪が付いていませんが、商品には付いています。

 

生まれて初めてのペダル付きバイクとして開発されたHAROの最少サイズ12インチホイールモデル。
2017年モデルからフルモデルチェンジしアルミフレームとなったShredderシリーズ。
2019年モデルもアルミフレーム、1-1/8″オーバーサイズフォークを採用し、強度はもちろんカスタムの幅も大幅に広がっています。
足つき性の良いフレームは短めのトップチューブで生まれて初めて乗るペダル付きバイクとしては最適。2才~5才位までのお子様にお奨めです。
オフロード向きのブロックパターンタイヤから普段乗る舗装路に適したストリート向きタイヤに変更されています。
※パッドセットと補助輪が付属します。
※日本仕様車フリーホイール前後ハンドブレーキ仕様になります。(フロント:キャリパーブレーキ/リア:キャリパーブレーキ)
※Shredderシリーズは幼児車として設計されており、トリック等には対応しておりませんのでご注意ください。

 

店頭税抜き価格¥22,000_
税込価格¥24,200_(10%)

広告

MONGOOSE LEGION L18

M20_L18_002

19年モデルから人気のMONGOOSEの最新キッズモデルが入荷してきました!

世界中のコンテストで上位入賞を続けるMongooseのFreestyleモデル=Legion。

これからBMXをはじめる方に向けたお買い求めやすいエントリーグレードから、ダウンサイズしたキッズモデル、トッププロが愛用する本格的なコンペティションモデルまで、
そんな中一番最初に入荷してきたのがこのモデルL18!

HAROのダウンタウンシリーズほどはがっつりトリック等できませんが、シュレッダーシリーズやマイティーグースシリーズ等よりはしっかり使えるモデルとして、これから本格的に使えるBMXを初めてみたいお子さんや、テレビのCMで見る様な事をやってみたいなと思うお子さんにはオススメのリージョンシリーズです!

18インチで、2.3インチ幅のタイヤを装着しているので迫力満点です!

※Legion Seriesには、全車フロントキャリパーブレーキが付属します。

SPEC
FRAME Hi-Ten steel, BMX freestyle geometry
FORK Hi-Ten steel
CRANK 1-piece, forged steel, 25T steel chainring
CHAIN KMC S1
BOTTOM BRACKET American loose ball
REAR COG Single-speed, 9T cassette driver
RIMS Aluminum single wall, 24 mm ID, 28H
FRONT HUB Steel, ball bearing, 3/8 in axle, 28H
REAR HUB Steel, ball bearing, 3/8 in axle, 28H
SPOKES 14G, steel, black
TIRES 18 in x 2.3 in, wire bead
PEDALS Mongoose, nylon
BRAKES U-brake, aluminum
HANDLEBARS Mongoose, Hi-Ten steel, 26 in width, 7 in rise
STEM Mongoose, threadless front load, 48 mm
HEADSET Threadless, 1-1/8” external, retainer bearing
SEAT POST Steel, 250 mm, 25.4 mm
SADDLE Mongoose, steel rails
GRIPS Mongoose Zig, 130 mm

店頭税抜き価格¥25,000_
税込価格¥27,500_(10%)

 

FIST HAND WEAR

新モデルが入荷してきました。

TEQUILA SUNRISE GLOVE

MIAMI GLOVE

CAROLINE BUCHANAN FIST 68 GLOVE

FIST初のウィンターグローブ登場!
ff

FROSTY FINGERS BLACK SNOWFLAKE GLOVE

FIST_SIZE

・タッチパネル対応(人差し指と親指)
・完全な通気性と快適さを備えたツイルスパンデックス
・最高の感触とコントロールのため最も丈夫な合成皮革
・高密着シリコンプリントで濡れても最大限にグリップ

※メーカーのサイズ表はあくまで目安サイズです。
店頭にて必ずご試着のうえ、適したサイズをお選びください。

店頭税抜価格¥3,980_
税込価格¥4,298_

通販はこちらから

 

 

モトクロスインターナショナル展示会

今年も当店で一番お取り扱いの多いモトクロスインターナショナルさんの展示会に行ってきました!

ここ数年間同じ場所なので、場所はバッチリ!

朝から新幹線に乗って名古屋まで移動します!

まさかのミスもありましたが、無事に到着。

SURLY SALSA ALLCITY MONGOOSE HARO SEBIKES等の最新モデルが展示されています!

SURLY

新色のウェンズデーとアイスクリームトラック

12段変速になって、油圧ブレーキ仕様に変更になり、より色々楽しめる仕様に変更されています。

ちょっと落ち着いた感じのピンクのアイスクリームトラックも19年モデルよりジオメトリーの変更が入り12段変速採用で、幅広く使える感じです! ファットバイクの中でも5インチのタイヤが装着され雪上での安定感は抜群!

更にブリッジクラブもマイナーチェンジし700c仕様になり、今回から待望のフレーム/フォークでの販売が開始されました!

気になるフレーム/フォークの価格は¥72,800_ カラーはブラックもあるよ!

SALSA

19年度人気のサルサのマクラクはこのポップはオレンヂがすごくかっこいい!

20年は2色展開で、ポップはオレンヂとシックなグレーです。

MONGOOSE

マングースは、新しいキッズバイクが発表!

16インチと20インチで3段変速付きの、あったら良いのにと思っていた仕様が登場です!

勿論そのほかにもマウンテンバイク、BMXなどなどとてもカッコ良く仕上がっていました!

img_6052-1

HARO

ハローはハイエンドモデルの展示は無く、キッズバイクがメインで展示されていました!

すでに入荷済のTHREAD SLOPE ¥280,000_
img_6058img_6054
新モデルの キッズバイク BEASLEY 26” ¥39,000_
img_6053

SEBIKES

個人的なオススメブランドのは、19年度の生産が遅れてしまい20年モデルも継続販売のようです!

こんなモデルが追加されていました!

FAST RIPPER 29  ¥118,000_

ディスクブレーキの29erモデルで、街乗りにもおススメです!

展示はなかったのですが、27.5インチのシングルスピードで、ディスクブレーキ搭載の 流行りのライドアウトを楽しめる
MANIACC FLYER 27.5 ¥75,000_

その他多くのブランド
特にFISTはグローブ専門ブランドで、今まであまり無かった数多くのデザインが用意されたブランドで、フィット感と握り感がとても良いです!

img_6069img_6070img_6071img_6072

この他にも色々なデザインの物があります!

その他写真はこちらから

HAROBIKES SHREDDER 16

まだまだ暑い日が続いていますが、元気なキッズに人気のモデルです!

SHREDDER(シュレッダー)の名前は長くHAROのフリースタイルBMXを支えたBMXの名前が由来。

人気のカラーのメタリックブルーが再入荷しました。

2019Haro_Shredder16_Blue_R
※画像にはブレーキ、補助輪が付いていませんが、商品には付いています。

SHREDDER12同様6061ALUMINIUMのフレームを採用し今まで以上に軽量で小さなお子様にも扱いやすいモデルに進化しています。

また、フォークもオーバーサイズに変更になっていて、強度はもちろんカスタムの幅も大幅に広がっています。
オーバーサイズアヘッドの為お父さん達のMTBやBMXのステムを使うことも可能です!!

ブルー以外には、ブラックとグリーンがございます。


HARO公表のサイズチャートを参考に実際実車にて最終確認していただけると納得のサイズがお選びいただけると思います!

2019Haro_ShredderSIZE

※パッドセットと補助輪が付属します。

オフロード向きのブロックパターンタイヤから普段乗る舗装路に適したストリート向きタイヤに変更されています。
※パッドセットと補助輪が付属します。
※日本仕様車フリーホイール前後ハンドブレーキ仕様になります。(フロント:キャリパーブレーキ/リア:キャリパーブレーキ)
※Shredderシリーズは幼児車として設計されており、トリック等には対応しておりませんのでご注意ください。

店頭税抜き価格¥22,000_
税込価格¥23,760_

HAROBIKES FLIGHTLINE 20 PLUS

ギアー付きのファーストバイクにお勧めのHAROキッズ用MTBが入荷しています。
太いタイヤで好評の20インチで太いタイヤのモデルです。

2019HARO_FL20PLUS
お子さんなどには使いにくい前の変速をなくし、太めのタイヤを装備する事で重たいサスペンションも外しシンプルで軽く取り扱いのしやすい自転車として昨年度よりご好評いただいております♪
身長も120CM位からお乗りいただけます。

シンプルで、丈夫なお勧め自転車です!

SPEC
Frame:Haro Flightline 20″ Plus FL3G 6000 series alloy w/ V-Brake bosses
Sizes:10″
Fork:20″ Rigid Aluminum Legs w/ Crmo Steerer Tube, w/ V-Brake bosses
Rear Shock:N/A
Headset:1-1/8″ threadless steel cups, loose ball, Nylon Top
Crankset:Alloy 3-pc 28t, Narrow-Wide chainring w/ Single chain guard, 127mm
BB:Sealed cartridge
Derailleur Front :N/A
Derailleur Rear :Shimano Tourney RD-TY300, 7-spd
Cassette:Shimano Tourney 7-spd freewheel 14-34T
Chain:KMC Z7 1/2″×3/32″
Pedals:MTB nylon body
Handlebar:Pivit alloy 25mm riser bar, 31.8mm O.D.
Stem:Pivit melt forged stem w/ 4 bolts, 31.8mm bar bore
Tape/Grips:Haro MTB
Derailleur Shifterss:Shimano Revo 7-spd
Saddle:Haro Flightline Jr
Seat Post:Pivit alloy micro adjust 27.2mm
Seat Post Clamp:Pivit alloy 31.8mm quick release
Rims:Alloy single wall 20″ 31mm Wide
Hubs:Pivit steel 32h w/ nuts
Spokes:Steel BED
Tires:H-5183, 20″x2.60″
Brakes:Promax TX-121 V-Brakes
Brake Levers:Promax BL-81G, Short reach

カラー:ブライトブルー

店頭税抜き価格¥35,800_
税込み価格¥38,664_

HAROBIKESとは…

1978年BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。1980年にはHaro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。彼は自分のライディングをレースに対して「Freestyle」と命名し、自分のライディングにあわせたオリジナルフレームを開発し「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けた。これこそがBMXフリースタイルの始まりだった。以後30年以上、BMX/マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデル生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開。

現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は 語る:「Haroの方針?それにはHaroが方針としない事を述べるとわかりやすいかな?Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ。ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない。僕たちのルーツは”ダート”だからロードバイクは作らない。それから流行を追った物まねはしない。人と違う事を恐れない。一言で言えば、ライダーの為にすごいバイクをライダーと一緒に作るパッションのあるサイクリストグループかな?」