HAROBIKES BEASLEY 24

HAROの人気クロスバイクシリーズのキッズモデルが入荷してきました!

BEASLEYシリーズのキッズモデルは、スタンドオーバーの高さが低く設計された6000シリーズ合金フレームが採用されており、24インチでブラックとピンク、シルバーの3色展開となっています。

「BEASLEY」は軽量なアルミフォーク、シンプルな変速が可能なhimano Revoシフターと組み合わせた後ろ7スピード前1枚の扱いやすいギア数が特徴です。

Pivit合金カセットハブセットは丈夫なアルミ製ダブルウォールリムで組まれ、Kenda Kruiser 24×2.125″タイヤが装着されています。
メカニカルディスクブレーキセットと160mmローターの組合わせは、コントロールし易く、急停車も可能にするパワーを持っています。

適応身長122㎝位から
カラー:マットブラック

店頭税抜き価格¥37,800_
税込み価格¥41,580_

HAROBIKESとは…
1978年BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。1980年にはHaro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。彼は自分のライディングをレースに対して「Freestyle」と命名し、自分のライディングにあわせたオリジナルフレームを開発し「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けた。これこそがBMXフリースタイルの始まりだった。以後30年以上、BMX/マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデル生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開。

現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は 語る:「Haroの方針?それにはHaroが方針としない事を述べるとわかりやすいかな?Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ。ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない。僕たちのルーツは”ダート”だからロードバイクは作らない。それから流行を追った物まねはしない。人と違う事を恐れない。一言で言えば、ライダーの為にすごいバイクをライダーと一緒に作るパッションのあるサイクリストグループかな?」

SELLE ITALIA FLITE 1990

セライタリアから細身のフレームのバイクや旧車によく似合うサドルが入荷しました!
FLITE1990_Black

1990年に発表された初代FLITEレプリカです。チタンレールの採用で、見た目よりも軽量のサドルです。
昔のフライトチタンよりもレール部のハイトが少し高くなっていますが、フライトチタンらしさはしっかり健在です!


重量:230g
サイズ:146×280mm
レール素材:Titanium(7mm)
トップ素材:Leather(Black)
カラー:Black

店頭税抜き価格¥14,500_
税込み価格¥15,950_

 

 

SELLA ITALIA MILANO FLITE BONNIE

セライタリアからメチャクチャかっこいいサドルが入荷しました!
FLITE-Bonnie


シルエットやサドルトップのサイドはFLITEそのものながら、イタリアの革職人の手によってまったく別物に仕上がったFLITE BONNIEはモーターバイクのシートからインスパイアされたもの。見た目も良く座り心地も快適なサドルですよぉ♪

MILANO TURBOと異なる点は綺麗に等間隔で入ったステッチ。職人技が注入されています。

 

重量:230g
サイズ:146×280mm
レール素材:Ti316(7mm)
トップ素材:FULL LEATHER
カラー:Black

店頭税抜き価格¥18,500_
税込み価格¥20,350_

 

 

“SELLA ITALIA”は“selleITALIA”が作る革サドルのブランドです。
ちょっと分かりにくいですが、Sellaとselleの違いです(末尾がaかeの違い)。
実はSELLA ITALIAとは、selleITALIAの創業当時の社名でありブランド名です。
創業120年、selleITALIAは原点に戻り、革製のサドル製造を再開しました。selleITALIAのメインビジネスであるスポーツサドルに比べれば、革製のサドルは最先端の素材を使うでもなく、製造に手間と時間のかかるものですが、イタリアの自転車文化と、近代の自転車レース文化をサドルで支え続けてきた誇りが、彼らを原点に戻しました。

SELLA ITALIAのMILANOシリーズは、新たにTURBOとFLITEをベースに生み出されました。テクノロジーとエレガンスの組み合わせ、熟練職人による手作りによる味わいを持つ革のサドルには、洗練された優雅な雰囲気が漂います。MILANOシリーズは、サイクリングやレースの自転車文化を育んできたイタリアの誇りであり、サドルの世界観に異文化を取り込む彼らの柔軟性とデザイン、そしてイタリアの歴史、もの作りへの飽くなき情熱が凝縮されています。

HAROBIKES BEASLEY 24

HAROの人気クロスバイクシリーズのキッズモデルが入荷してきました!

2021Haro_Beasley24HotPink

BEASLEYシリーズのキッズモデルは、スタンドオーバーの高さが低く設計された6000シリーズ合金フレームが採用されており、24″と26″の2サイズ展開となっています。

「BEASLEY」は軽量なアルミフォーク、シンプルな変速が可能なhimano Revoシフターと組み合わせた後ろ7スピード前1枚の扱いやすいギア数が特徴です。
Pivit合金カセットハブセットは丈夫なアルミ製ダブルウォールリムで組まれ、Kenda Kruiser 24×2.125″タイヤが装着されています。
メカニカルディスクブレーキセットと160mmローターの組合わせは、コントロールし易く、急停車も可能にするパワーを持っています。
カリフォルニアのブランドらしいカラーリングで楽しくサイクリングしてもらえたらうれしい一台です♪

適応身長122㎝位から
カラー:マットホットピンク/チャコール

店頭税抜き価格¥37,800_
税込み価格¥41,580_

 

 

 

 

HAROBIKESとは…
1978年BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。1980年にはHaro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。彼は自分のライディングをレースに対して「Freestyle」と命名し、自分のライディングにあわせたオリジナルフレームを開発し「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けた。これこそがBMXフリースタイルの始まりだった。以後30年以上、BMX/マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデル生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開。

現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は 語る:「Haroの方針?それにはHaroが方針としない事を述べるとわかりやすいかな?Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ。ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない。僕たちのルーツは”ダート”だからロードバイクは作らない。それから流行を追った物まねはしない。人と違う事を恐れない。一言で言えば、ライダーの為にすごいバイクをライダーと一緒に作るパッションのあるサイクリストグループかな?」

HARO SD PLASTIC PEDALS

HAROのBMXライダーDennis Enarsonのシグネチャーペダルが到着!

ポリカーボネイト製のボディーと表面の刻み、そして片面12個の四角いピンがしっかりとグリップします。

シールドベアリングデザインで仕上げられ、耐久性や見た目のかっこ良さが特徴です。

店頭税抜き価格¥3,500_
税込み価格¥3,850_

HAROBIKESとは…
1978年BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。1980年にはHaro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。彼は自分のライディングをレースに対して「Freestyle」と命名し、自分のライディングにあわせたオリジナルフレームを開発し「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けた。これこそがBMXフリースタイルの始まりだった。以後30年以上、BMX/マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデル生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開。

現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は 語る:「Haroの方針?それにはHaroが方針としない事を述べるとわかりやすいかな?Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ。ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない。僕たちのルーツは”ダート”だからロードバイクは作らない。それから流行を追った物まねはしない。人と違う事を恐れない。一言で言えば、ライダーの為にすごいバイクをライダーと一緒に作るパッションのあるサイクリストグループかな?」

HAROBIKES BEASLEY 24

HAROの人気クロスバイクシリーズのキッズモデルが入荷してきました!
2020Haro_BEASLEY24_001

BEASLEYシリーズのキッズモデルは、スタンドオーバーの高さが低く設計された6000シリーズ合金フレームが採用されており、24″と26″の2サイズ展開となっています。

「BEASLEY 26」は実用的なリジッド6000シリーズ合金フォーク、多様性とシンプルさのためのShimano Revoシフターと組み合わせた7スピード1Xドライブトレインが特徴です。
Pivit合金カセットハブセットは丈夫な合金ダブルウォールリムと組まれ、Kenda Kruiser 24×2.125″タイヤが装着されています。
メカニカルディスクブレーキセットと160mmローターの組合わせは、急停車も可能にするパワーを持っています。魅力的なルックスに無限の多様性。
そしてそこには楽しみが詰まっている1台です。

SPEC
Frame Haro Beasley 24″, 6000 series alloy, w/ seatstay disc mount
Fork Rigid 24″ 6061-T6 Aluminum w/ Crmo 1-1/8″ steerer tube, w/ safety tabs & disc mount
Rear Shock N/A
Headset 1-1/8″ threadless steel cups, loose ball, Nylon Top
Crankset Samox Alloy, Steel chainring w/ Narrow-Wide Teeth, 34T w/ Outer chainguard, 6″ / 152mm
BB Sealed cartridge
Derailleur Front N/A
Derailleur Rear Shimano Tourney TY-300
Cassette Shimano CS-HG-200 7-spd cassette 12-32T
Chain KMC Z7, 1/2″×3/32
Pedals Nylon body, Crmo axles,Platform
Handlebar Pivit alloy 25mm riser bar, 31.8mm O.D., 620mm wide
Stem Pivit melt forged stem w/ 4 bolts, 31.8mm bar bore
Tape/Grips Haro MTB
Derailleur Shifterss Tourney 7-spd Revo
Saddle Haro Flightline
Seat Post Pivit alloy micro adjust 27.2x250mm
Seat Post Clamp Pivit alloy 31.8mm quick release
Rims XD-180 alloy double wall
Hubs Pivit alloy cassette 32h
Spokes Steel BED
Tires Kenda Kruiser 24×2.125″
Brakes Alloy Mechanical disc brakes w/ 160mm Rotors Promax DSK-300
Brake Levers Promax alloy HBL-42G, 2-Finger
Extras Chain-Drop Protector

適応身長135㎝位から
カラー:Matte Black/Neon Green

店頭税抜き価格¥39,000_
税込み価格¥42,900_

HAROBIKESとは…
1978年BMXレースの世界的第一次ブームのさなか、10代のライダーBob Haro(ボブ・ハロー)がエントリー費捻出のためナンバープレートを自作する事から始まったのが現在のHaro Bikes(ハロー・バイクス)社の起源。1980年にはHaro Design社を設立し並外れたデザインセンスから作られたパーツ、用品で全米のライダーの注目を浴びる。スケートボードにも親しんでいた彼は「スピード」だけがBMXの魅力では無いと考え、まもなく彼独自のトリックライディングを公園やストリートで始め注目を浴びるようになった。彼は自分のライディングをレースに対して「Freestyle」と命名し、自分のライディングにあわせたオリジナルフレームを開発し「Freestyler」(フリースタイラー)と名付けた。これこそがBMXフリースタイルの始まりだった。以後30年以上、BMX/マウンテンバイク(86年には早くもExplorerという名前の初代モデル生産)の全ジャンルで先見性あふれるラインアップを展開するにいたる。Dave Mirra(デイブ・ミラ)やRyan Niquist(ライアン・ナイキスト)といったX-Gamesのスーパースターを育てる中で、ライダーのインスピレーションを生かしたモデルを続々と展開。

現社長Joe Hawk(ジョー・ホーク)は 語る:「Haroの方針?それにはHaroが方針としない事を述べるとわかりやすいかな?Haroは何百人もの大企業とは違う小さな南カリフォルニアの会社さ。ロードのついでにマウンテンバイクを作っているような会社じゃない。僕たちのルーツは”ダート”だからロードバイクは作らない。それから流行を追った物まねはしない。人と違う事を恐れない。一言で言えば、ライダーの為にすごいバイクをライダーと一緒に作るパッションのあるサイクリストグループかな?」